• ホーム
  • ニュース
  • 総支部長紹介
  • 所属議員紹介
  • 発行物
  • 役員一覧
  • リンク
  • ニュース

    民進党長崎県第一区総支部「第2回定期大会」を開催しました。

    ◇日 時 : 3月23日(金)18時30分より、
    ◇場 所 : 長崎県勤労福祉会館

    民進党長崎県第一区総支部は、来賓・党員・サポーターならびに支援組織みなさん160名の参加のもと、「第2回定期大会」開催しました。

    大会では、梅原和喜常任幹事が議長に選任され、その後、高木義明総支部長の挨拶、来賓として、民進党県連から「久野 哲」代表代行、連合長崎地協「酒井 隆」議長ならびに衆議院議員「西岡秀子」代議士の3名から、お祝いと激励のご挨拶を頂きました。

     

     

    その後議事に入り
    《報告事項》

    2017年の経過報告および決算報告が西田副総支部長からおこなわれ、満場一致で確認されました。

    《審議事項》では、井上幹事長代行より

    ◆第1号議案2018年活動方針(案)が提案、満場一致で確認された後、来年の第25回参議院議員選挙に擁立が決定した「白川鮎美」氏より、決意とお礼の挨拶が行われました。
    ◆第3号議案 2018年役員(案)では、新総支部長に「深堀 浩」氏、また新幹事長に「西田実伸」氏が選出され満場一致で確認された後、役員を代表して「深堀 浩新総支部長」から、高木義明前総支部長へのお礼ならびに今後の第一区総支部の諸活動や統一地方選ならびに参議院議員選挙への勝利に向け、一致団結した「全員野球」で邁進しようとの力強い挨拶がありました。
    最後に、深堀総支部長のがんばろう三唱で第2回定期大会を終了しました。